10% OFF コード: PREBF21 後に終了
10% OFF US$ 89 のご注文で
詳細を見る
アメリカ|US$ 変更 ×

場所の設定

×
現在、一部の国や地域の宅配便業者および郵便局は、サービスを停止しています。現在、YesStyleが発送を行っている国・地域は 送料表からご確認ください。
{{::option.name}} {{::currency.name}} {{::language.name}} {{::gtlanguage.name}}
キャンセル 保存
オーダートラッキング カスタマーサービス
×
お買い物をしたり、当サイトの他のカスタム機能を体験したりするには、お使いのブラウザーでCookieを有効にしてください。
YesStyle.comは、{{browser.family}} {{browser.version}}およびそれより前のバージョンに対応していません。ブラウザーのアップデートをお願いします。

日焼け止め

クリーム、ミルク、ジェル、スティック、サンミストなど様々なタイプの日焼け止めからお好きなものを使用して、紫外線からお肌を守りましょう。 メイクアッププライマー、トーンアップクリーム、保湿クリームとしても使用できます。
その他
×
{{browseResult.totalCount | number}} アイテム
{{browseResult.totalCount | number}} アイテム | 絞り込み条件
すべてをクリア
  • {{item.name}}
カテゴリー
日焼け止め
日焼けケア
{{filter.name}}
すべて選択
すべてをクリア
すべてをクリア
  • {{item.name}}
価格帯
  • 価格帯を絞り込む
カテゴリー
絞り込む
ソート
ソート条件:
{{sortOption.name}}
選択したオプションの結果は0件でした。
このブランドの商品は日本、韓国には発送できません。
1 234 ... 16
{{browseResult.totalCount | number}} アイテムの並べ替え条件 {{browseResult.selectedSortOption.name}}
もっと読み込む

日焼け止め

日焼け止めは、スキンケアに欠かせないアイテムです。曇りの日も晴れの日も、太陽の紫外線は雲を突き抜けてしまうので、毎日塗る必要があります。また、紫外線はガラスを透過することもあるので、1日の大半を室内で過ごす場合でも、日焼け止めを塗ることをお勧めします。


日焼け止めを選ぶ際には、UVAとUVBの両方から肌を守ることができるブロードスペクトラムのものを選ぶことが大切です。UVA波(紫外線A波)が長く、肌の奥深くまで浸透し、日焼けによって皮膚の色が濃くなったり、老化の原因となったりします。UVB波 (紫外線B波)が短く、皮膚が赤くなって、ひりひりして痛い日焼けやシミ、さらには皮膚がんの原因となります。また、日焼け止めの中には、肌の色を均一にしたり、シミを薄くするなどのスキンケア効果があるものもあります。


日焼け止めを塗るタイミング

日焼け止めを塗るのは、朝のスキンケアの中でも常に最後のステップです。日焼け止めは、洗顔、化粧水、美容液やアンプルの使用や保湿の後、メイクの前に塗ります。日焼け止めは、肌に完全に浸透するまでに15分ほどかかると言われています。完全に保護するためには、太陽の下に出かける15~30分前に日焼け止めを塗るのがよいでしょう。


SPF、PA++++ とは?

日焼け止めには「Sun Protection Factor」、通称「SPF」という数値が記載されています。SPFは、UVB(紫外線B波)をどれだけ防ぐことができるかを表しています。SPFが高ければ高いほど、その日焼け止めは太陽のUVB光線をより多くブロックできることを意味します。例えば、SPF30の日焼け止めを使うと、3%のUVBが肌に当たることができますが、SPF50の日焼け止めを使うと、2%しか当たることができません。普段使いには、SPF30以上の日焼け止めがおすすめです。


ほとんどの日焼け止めのパッケージにはSPFが記載されていますが、韓国や日本の日焼け止めには、PA+からPA++++ までの日焼け止めを評価するPA評価システムも含まれています。PAとは、持続性色素増感(PPD)という方法でUVAを防ぐ効果を測るものです。PA+とPA++は軽度から中程度のUVA防止効果があり、PA+++とPA++++はより高いUVA防止効果があります。


物理的な日焼け止めと化学的な日焼け止めの違い

日焼け止めが肌にどのように作用するかを知ることは重要です。物理的な日焼け止め(別名:ミネラルや天然の日焼け止め)は、酸化亜鉛や二酸化チタンなどの天然の鉱物を使って、肌からの紫外線を瞬時に反射させるもので、通常は厚手で濃厚なものです。敏感肌の方におすすめです。化学的な日焼け止め(別名:有機や合成日焼け止め)は、紫外線を吸収して熱に変換します。軽くて白浮きしないため、日常的な使用に適しています。しかし、オキシベンゾンやアボベンゾンなどの有効成分は、肌を刺激したり、ホルモンを乱す可能性があります。


日焼け止めのテクスチャーと成分

日焼け止めには、エッセンス、ミルク、ジェル、サンスティックタイプなど、さまざまな形状やテクスチャーのものがあります。また、スキンケアブランドは、カタツムリのムチン、センテラ・アシアティカ、マデカッソシド、アロエの葉のエキスなど、スキンケア効果を高めるためのユニークな成分を日焼け止めに配合しています。


あなたの肌タイプに合った日焼け止め

日焼け止めを探す際には、配合成分や保護因子を重視する以外に、自分の肌タイプを考慮する必要があります。オイリー肌、乾燥肌、敏感肌など、自分の肌タイプに合った日焼け止めがあるはずです。YesStyleにある、あなたの肌タイプに合った日焼け止めを以下でご紹介します。


乾燥肌用の日焼け止めおすすめ

保湿成分をたっぷり含んだリッチでクリーミーな日焼け止めは、乾燥肌に最適です。esfolioのBlue Flower Sun Cream (ブルーフラワーサンクリーム) SPF50+ PA+++, は、軽やかな使い心地でありながら、長時間にわたって潤いを与えてくれるので、乾燥肌の方におすすめです。その上、この日焼け止めには、ラベンダー、ボラゴ、カモミールのエキスが配合されており、顔色全体トーンアップさせ、明るくしてくれます。


オイリー肌用の日焼け止めおすすめ

スティックとジェルタイプは、オイリーな肌にも、ニキビ肌にも効果的です。日焼け止めジェルは軽やかな美容液のような使い心地で、肌に油分を感じさせません。また、日焼け止め化粧下地としても効果的です。ニキビができやすい肌には make p:remのUV Defense Me Blue Ray Sun Gel (UVディフェンスミー ブルーレイサンジェル) SPF50+ PA++++ を使って、シミを作らずに肌を日差しから守ることができます。


また、オイリー肌の方にも便利なアイテムです。多くのスキンケアブランドから発売されているスティックタイプ (別名:UVスティックやサンスティック)は、塗り直しに最適で、旅行にも便利です。 TOSOWOONGのSOS Spot Whitening Vita Clinic Vitamin Sun Stick (SOSスポットホワイトニング ビタクリニック ビタミンサンスティック) SPF50+ PA+++は、YesStyleで販売しているサンスティックの中でも最有力候補です。この3つの機能を持つサンスティックは、UVAとUVBをブロックするだけでなく、肌を明るくしたり、栄養を与えたりします。サンスティックを使用する際は、顔全体に優しくなじませ、肌に刺激を与えないように強くこすらないように注意してください。


敏感肌用の日焼け止めおすすめ

敏感肌の方には、酸化亜鉛や酸化チタンなどのミネラル系UVフィルターを配合した物理的な日焼け止めが効果的です。BentonのMineral Sun Cream (ミネラルサンクリーム) は、弱酸性で低刺激の処方で、ティーツリーエキスやグリチルリチン酸が肌を落ち着かせます。特にセンテラ・アシアティカやアロエ葉エキスを配合したサンスティックは、敏感肌の方にもおすすめです。


ニキビ肌用の日焼け止めおすすめ

サンエッセンスの軽い美容液のようなテクスチャーは、乾燥肌やニキビ肌に健康的な潤いを与えてくれます。 THANK YOU FARMERのSun Project Light Sun Essence (サンプロジェクトライト サンエッセンス) は、硫酸塩、パラベン、鉱物油を使用せずに作られており、毛穴をケアして肌を落ち着かせるポーチュラカ・オレラセアとアロエ葉エキスを配合しています。